Gap 新宿フラッグス店

原点を探り、ブランドの空気感を纏うこと

街に開かれたエントランスに
ブランドを表現するカフェを
配置することによって
商業空間を超え、都市までも
ブランド色に染め上げることを目指した

説明的ではなく感覚的に
ブランドの空気感を纏うことを願っている

原点を探り、ブランドの空気感を纏うこと

ブランドのルーツを訪れる人々に感じてもらえるショップとするために、街に開けたエントランスをブランドの世界観が凝縮した、空間とすることを目指した。服、音楽、コーヒー、会話、など日常の情報を介し、多様な文化が発酵してゆく場であるカフェの要素とプロダクトにオリジナリティーを付加させるカスタマーゼーションの要素を融合させ、売り場と結びつけることで、Gapの世界観を体験として知ってもらうこと、商品に出会うきっかけやお店での滞在時間を変えることが可能である。そういった取り組みがGapのプロダクト一つ一つに、新たな価値感を生み出すことに繋がるのではないかと考えている。また、空間内のいたるところの建材はブランドを表現する「藍染」を施し、空間全体を染め上げた。

data

竣工

2020年06月

所在地

東京都新宿区新宿3-37-1 新宿フラッグス 1F/B1F

営業時間

11:00 - 21:00

用途

飲食店・アパレルショップ

設計期間

2019.06-2020.06

施工期間

2020.01-2020.05

延床面積

1540.10㎡

credit

施工

デコール

実施設計

TYA

照明計画

DAIKO

藍染加工

大利木材

植栽

SOLSO

カフェディレクション

unité

写真

長谷川 健太

担当者

谷尻 誠

吉田 愛

永井 健太

廣川 大樹