ほぼ日オフィス

つくりすぎないオフィス

つくらないことで生まれる余白と仮設的な家具
人が集まり隙間を埋めていくことで
自然と繋がりや雑談ができる空間
変化し続ける働き方や過ごし方を受け入れる
乗組員の新しい居場所になることを目指した

つくりすぎないオフィス

対談をきっかけにほぼ日の糸井重里さんから新オフィス引っ越し相談を頂いた。場所は神保町エリアの神田錦町にある数年後に取り壊される予定のビル1棟。

新しいオフィスとこれからのはたらき方を考え、時代に寄り添いながら不安定さを許容でき、軽やかに変化をしていけるように「夜逃げ」をキーワードにした。

スケルトンの中に置かれる家具は機構を現し、簡単にバラせる仮設的にすることで、配置と組み合わせにより乗組員が使いたい用途で使えるつくりすぎない計画とした。次のオフィスへ夜逃げするように家具が持ち運べることは経済的にも効果のある新しい試みになると考えている。

神田という町が持つ昔ながらの空気感との調和を考え、タイルや木の染色などの素材感に懐かしさを感じさせる要素を取り入れた。

1Fには町に開放された情報発信基地のラジオブースとTOBICHI東京と併設したギャラリー、2Fは社外の方も入れる純喫茶、3Fは食堂兼MTGスペース、4Fは大リーグのようなロッカールーム、各フロアにより特色をつけ、自然と人が集まり刺激となる新しいオフィスがほぼ日のコンテンツを生み発信し続ける原動力になることを目指した。

data

竣工

2021年01月

所在地

東京都千代田区

用途

オフィス

設計期間

2020.04-2020.12

施工期間

2020.08-2021.01

延床面積

1830.00㎡

credit

施工

三越伊勢丹プロパティ・デザイン

実施設計

三越伊勢丹プロパティ・デザイン

照明設計

Filaments

製作照明

L&L

写真

長谷川 健太

担当者

吉田 愛

谷尻 誠

五十嵐 克哉

大木 翔