山之内の家

山景になじむ窓辺

内土間にあるベンチが
額装のように四季によって移り変わる
森や山の色を切り取り
景色に溶け込める家族の居場所を作った

山景になじむ窓辺

南側に山並みの広がるひな壇上の敷地。法関係やコストの制約もあり、一部の既存壁を壊して外にせり出した箱を挿入する既存補修を提案をした。軒の高さ絞り、サッシ枠を内から見えない納まりとし、全体を艶のある濃い色で締めることで、内土間にあるベンチが額装のように四季によって移り変わる森や山の色を切り取り、景色に溶け込める家族の居場所を作った。

  • Details

  • Details

  • Details

data

竣工

2018.10

所在地

神奈川県鎌倉市

用途

住宅

構造

木造

階数

地上2階建

設計期間

2016.06-2018.03

施工期間

2018.04-2018.10

敷地面積

255.66㎡

建築面積

69.81㎡

床面積

94.72㎡

credit

施工

セットアップ

構造設計

NAWAKENJI-M

照明計画

Filaments

写真

長谷川 健太

担当者

谷尻 誠

吉田 愛

五十嵐 克哉

三谷 裕樹

media

ELLE DECOR 2019年4月号

CasaBRUTUS 2019年5月号

I'm home 2019年7月号

I'm home 2019年11月号